おまとめローンの審査って通りやすい所あるの?

おまとめローンの審査は厳しい?実際に通りやすい所はあるのでしょうか?クレジットカードの支払いの残高をおまとめローンで借り換えできる?

おまとめローンの審査ってどう?厳しいの?

クレジットカードの支払いの残高をおまとめローンで借り換えしたい人もいるでしょう。銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

アイフルなどでのおまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

東京スター銀行やプロミスでのおまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。おまとめローンの審査が不安かもしれませんが、正社員だけでなく契約社員やパートの方も利用できるようになっています。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、アイフルなどでのおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。おまとめローン審査に通るには審査基準をクリアしなければいけません。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。業者によってはクレカのリボもおまとめローンできますからね。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。


MENUリスト

■メニュー

Copyright (C) 2014 おまとめローンの審査って通りやすい所あるの? All Rights Reserved.